岡山のフロントエンドとシステム系勉強会の何が違うのか

ここ数日大都会岡山IT界隈(主にフロントエンド)を賑わせているIT系勉強会について、遅ればせながら思うことを書きたいと思います。

この記事では主に、以下の参考記事内で出ているエンジニア(システム系)勉強会フロントエンド(デザイナー寄り)勉強会の何が違うのかという比較に焦点を当てますが、どっちが良くてどっちが悪いという話ではないので注意してください。
皆違って、みんないい。


▼こんな立場で書きます

私はフロントエンド勉強会では「システムの人」と扱われています。岡山WEBクリエイターズはWeb制作会社やWeb担当者の多い勉強会なので、プレゼンテーション層以外をやる人=プログラマーみたいな図式です。

エンジニア勉強会に行くと、「プログラマーだけど限りなくフロントエンド寄り」と言われます。フロントエンド勉強会と違い、エンジニア勉強会はデータ層とアプリケーション層を明確に区別します。プレゼンテーション層をやる人=フロントエンド寄りという扱いです。私がデータ層さっぱりなのも理由かと。

 フロントエンジニア私作業
プレゼンテーション層HTML〜JavaScript等見た目 
アプリケーション層PHP等のロジック部分 
データ層DB・サーバ部分  
(くらいに思ってください。詳しくは3階層システムで調べて…)

ということで、両方の勉強会に顔を出していますので、こんな立場で書いていきます。しかし書き手が私なので、あまり真面目なことは書けません。ゆったり流し読みしてください。

合同勉強会in大都会岡山2015 #gbdaitokai に行ってきた


合同勉強会in大都会岡山2015及び忘年会議の参加者の皆様、お疲れ様でした。
これが終わると1年ももう終わりだなぁという気がします。

今年の合同勉強会は、いつもの濃い(という言葉以外で表すのが難しい)瀬戸内ITクラスタに加え、岡山という僻地にも関わらず#てらだよしおがんばれもとい寺田さん@yoshioteradaに、トイレに閉じ込められたりしてただいくしーさん@daiksy、TLのイケメンこと山本社長@yusuke、LINEスタンプにもなってしまっただるやなぎさん@daruyanagiなどなどなどなど、

何でこの方々わざわざ岡山まで来てくれてるの!?
電車1時間に1〜2本の僻地ですよ!!??


とツッコミを入れずにはいられないほどに、他県でご活躍の方々が一同に会するという、ちょっとよくわからない濃さになっていました。

重ねて言う。東京じゃない、岡山。
地方でこんな濃い勉強会はそんなにないんじゃないですかね。
いいと思います。

県内外に関わらず参加の皆様、本当にお疲れ様でした。
風邪ひかないようにおねがいしますね。

オープンセミナー岡山2015を開催しました #oso2015



オープンセミナーにご参加いただきました皆様、ありがとうございます。
おかげさまで本年もプログラマー・デザイナーの関係なく、楽しめる会になったのではないかと思います。実行委員・スタッフの方、登壇者の皆様お疲れ様でした。ご協力ありがとうございます。また、会場をお貸しいただきました岡山県立大学さん、スポンサーとしてご助力いただきました皆様、大変お世話になりました。


オープンセミナー岡山
http://okayama.open-seminar.org/

オープンセミナー2015@岡山 まとめ #oso2015
http://togetter.com/li/821858

写真は(毎年のことですが@zephiransasさんにお借りしました)
https://www.flickr.com/photos/zephiransas/sets/72157652631204958

オープンセミナー2014@岡山



オープンセミナーに参加下さった皆様ありがとうございます。
おかげさまでかなりの方に参加いただきまして、フロントもバックも関係なく楽しめたのではないかと思います。実行委員、スタッフの方、登壇者の皆様お疲れ様でした。ご協力ありがとうございます。会場をお貸しいただきました岡山県立大学さん、お世話になりました。

今年は実行委員の副委員長だったのですが、当日の司会で胃を痛めたくらいで、大体のことは委員長がやってくれていました。ありがとうございます。本当お疲れ様です。お世話になりました。

来年が不安ですね。
そう、来年の実行委員長、私です。頑張ります。


▼オープンセミナー2014@岡山
http://okayama.open-seminar.org/