プロダクションEXPOに行きました

2015/07/04 雑記とおしらせ  このエントリーをはてなブックマークに追加


コンテンツ東京に行ってきました。
その中で、今回はプロダクションEXPO編です。


プロダクションEXPO
http://www.production-expo.jp/



「東京出張は太る」とか言いつつ1.5kgの減量に成功したみずきです。げっそり。
きちんと(めずらしく)3食得ていたんですが、採取したエネルギーより立ちっぱなしなのと、人混みの中にいないといけないのと、他人と一緒に居続ける気疲れとの方が勝ったようです……そういやイベント行くと毎回痩せるような気が(基本コミュ症なので、どんだけ仲良い人といても、それこそ家族といてもどこか気が張る人間なので、誰がどうとかいうのはないです。誤解がないように一応言っておきます)



始発の新幹線で出発。この日(3日も不在にするため仕事が押してて)遅く帰ったのもありますが、今回の出張のための勉強をほとんどしていなかったので、ほぼ徹夜で内容を必死に頭に叩き込んだため、2時間しか寝てませんでした。まぁ会場に行ったらちょっと休めるだろうと思っていたんですが、


人、多すぎ。


さ「もしかしてこれ並ぶんですかね?」
み「……多分」


コミケよりマシなはずだと2人で唱える。
(行ったことないけどイメージとして)


名札ケースをもらい、名刺を入れて入場。
入場には招待券(無料)が1人1枚必要です。招待券のない方は1,200円かかります。1度参加すると来年から色々と送られてくるのと、中に参加している知人がいればその人に招待券をもらうのが確実です。

ちょっと真面目な話をします。
「入場料取るのかー。あんなに招待券バラ撒きまくってるのに」みたいなことを言われているのを、3日間で結構な数きいたのですが、入場料で儲けようという意図は運営側には全くないだろう、というのが私の考えです。
入場料がかかる→無料で入りたい人が事前に招待券を請求するので、これで次の販促先の企業情報・来場者情報を取得するのを狙っているのではないかと。戦略としては正解だと思います。さすが大きいところはすごい。

まぁ、大概言われてた方は出展者っぽい方だったので、出展者からすると「高いブース代払うのにさらにかよ!」と思うのでしょう。その気持もわかります。




会場内を撮影したかったのですが、両手が塞がっていてできなかったのと、意外とブース撮影禁止を掲げているところもあったりなので、やめました。FF7リメイクが発表されて注目のスクウェア・エニックスさんのブースでデモムービーが流れていたので、美麗になったクラウドを眺めてニヤニヤしたりとか、あぁこういう風に作ってるんだなってのを見て感心したりとかしていました。

あと、キャラクター&ブランドライセンス展と同じ会場なので、上の写真のような感じで着ぐるみキャラがわんさか……企業キャラコスのレイヤーさんもたくさんいました。眺めてると楽しい。


クリエイターEXPOについては、別途記事で。

コメント

*
*

<< 【jQuery】valやpropで変化させた際にchangeイベントを実行させる方法 | Material Design Liteをダウンロードして、日本語テキストをあててみた >>